だって 笑夏 ( えみか ) だもん!😉

太陽🌞から生まれ、 たくさんの 気遣い 心遣い と、おもてなしの心 の元に育ちました。

ひと言

 

 

 

f:id:emmiii8:20171001183526j:image

 

 

電車の中での、あたたかい お話。

 

 

優先席に座っていた、お年寄りのご夫婦。

 

混み合っていた電車の中で、

2人が隣に座るための 十分なスペースが

きっと 空いていなかったのだろう。

 

ふたり別々に、

通路を挟んで 向かい側の優先席に座っていた。

 

ふたりが ちょっとした会話をしたとき、

それに気がついた女性が すかさず、

 

「 よかったら、こちら側にどうぞ😊 」

と、ひと言。

 

結果、席を入れ替わり

ふたり揃って座ることができた ご夫婦。

 

目尻にしわを寄せて、

優しい笑顔で「 ありがとう 」と返していた。

 

 

 

なんて、あたたかい空間だろう。

 

優先席近くのドアに立っていたわたしも、

思わず 口角が上がってしまうような

出来事でした 😌😌

 

 

女性の、そのひと言が生み出した

あたたかい空間。

 

電車の中のみならず、

 

たったひと言、声をかけるだけなのに

躊躇してしまい 結局そのまま...

 

なんて経験、誰しも一度は あるはず。

 

「 どうぞ 」「 ありがとう 」「 助かったよ 」

「 おかげさまで 」「 ごめんね 」

 

きっと、わたしたちの心の中に

“ 内なる言葉 ” としては、浮かび上がってきている これらの「 ひと言 」。

 

それを、実際に言葉として

口に出来るか、出来ないか。

 

言わないなんてもったいないよね。

 

だって わたしたちの心は

「 素直な言葉 」として、ちゃんと発しているんだから。

 

もっともっと

その「 ひと言 」で、あたたかい空間が たくさん増えたらいいよな〜 😊

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もっと

 

 

 

 

 f:id:emmiii8:20171002004127j:image

 

 

もっと クリエイティブに。

もっと バラエティ豊かに。

 

 

すでに作られている道を

あまり考えることなく スムーズに進めるようになっているけれども、

 

なぞるだけなんて

全く 面白みが無いでしょ。

 

未開拓地に 道をつっていくような、

そんな経験があるからこそ

 

それに対しての思いが強くなり、

さらなる進化を求めていけるのだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

成田空港

 

 

 

 

 

 

f:id:emmiii8:20170927094709j:image

 

 

大きく、時間の使い方 に変化が起きています。😌😌

 

小さな予兆もなく

あまりに唐突だったために、

 

喜んだり怒ったり、

驚いている暇すらもなく

今の時間を過ごしているけれど...

 

 

なんだか、サーカスのライオンのような気持ち。

 

長年、檻の中で過ごしてきた ライオンが

 

ある日突然、

檻の扉が 開いたままになっていることに気づく。

 

まずは、檻の外に 頭だけ出して

あたりの様子をうかがいながら、

 

そ〜っと、物音を立てないように

慎重に、1歩ずつ脚を出していくかんじ。

 

いつも 檻の中から見ている風景と全く同じで、

何ひとつ変わったことはないはずなのに

 

何もかもが 新鮮で

思わずキョロキョロしてしまうような、

 

そんな気持ち。🌖🌓

 

 

でも、朝の時間を

好きな場所で 好きなように使えるのって

ほんとうに魅力的だと思うから、

 

神さま ラッキーをありがとう😉

 

そして

空港の本屋さんで 出会ったときから

ずっと、気になって気になって仕方のなかった

1冊を手に入れることができて、

 

離陸してから 雲の一部になるまで

特等席で、飛行機✈️を眺めることができて。

 

しかも、

空港までのバス🚌の運転手さんが

「 世界 」というお名前!

 

○○世界さん。

お会い出来て、ほんとうにラッキーね。

 

なんて いいイメージが重なっているんでしょう〜😌😌

 

 

こんなラッキーなことってあるかしら!

って、展望デッキから 叫びたくなるくらいの

最高な1日のスタートです🌞

 

✈︎ Inspiration of JAPAN 

 

 

 

 

 

 

 

 

資産100億円

 

 

 

 

f:id:emmiii8:20170925175824j:image

 

 

 

「 あなたの人生の幸せには、

どのくらいの『 お金 』が必要ですか? 」

 

 

この質問に対しての、

「 お金 」に関してで悩んでいた

ちょうど 1年前の10月のわたしの 答え。

 

1ヶ月に必要なのは、

・自分の生活費

( ひとり暮らしした場合の 家賃、光熱費、食費、などなど... )

・愛馬ローツェの預託料 

( 預託料、装蹄費、サプリメント、その月によって 予防接種、整体、歯のメンテナンス、などなど... )

・競技費用

( 馬運車代、エントリー代、遠征の場合の 自分のホテル代、食費、などなど... )

 

大まかに言えば、こんな感じ。

 

あとは、

ローツェが獣医さんに治療してもらったら...

長期の治療、手術が必要だったら...

両親が倒れたら...

入院、手術が必要だったら...

 

なんて、心配事が とにかく尽きなかった。

 

 

1年という時間を経て

何か 大きく吹っ切れた、今のわたしの答えは

 

1ヶ月に “ 絶対 ” 必要なのは、

・ローツェの預託料、装蹄費

・自分が出勤するための電車賃

 

あとは

ローツェのおやつ🍌と、わたしのネイルと、

本が数冊買えて、スタバの新作 飲めれば、

幸せオッケー!🙆🏻◎

 

というところにまで到達した。(笑)

 

 

 

夢や目標は、ある。

 

それには、「 お金 」という 大きな問題が

嫌というまでに 絡んでくることも、

涙が溢れ出てくるほど 十二分に 知っている。

 

 

でも “ 今 ” 、

わたしが “ 必ず ” 必要で、これがあれば “ 何も問題が生じない ” と感じる「 お金 」は、

上記の2点のみ。

 

ずいぶんと、シンプルになったものだ。(笑)

 

去年の今頃

「 お金 」に関する勉強をしていたら... と思うが、

 

同時に、

このシンプルさを 自らで見つけ出すことが出来たことは

わたしの中に 大きな変化をもたらしたので、

 

結果オーライ というところだろうか 🙃🙃

 

 

 

ここで、とある ストーリーをシェアしたい。

 

100億円の資産 を持つ、資産家のお話。

 

彼は ある時、100億円の資産のうち

投資で 99億円を失ってしまった。

 

そして、彼はどうしたか。

 

... 自ら命を絶った という。

 

これは、あくまでもフィクションだそうだが

あまりの皮肉さで、

わたしに衝撃を与えるには 十分すぎるほどのストーリーだった。

 

なぜ、

1億円 “ も ” 残ったと考えられなかったのか。

 

生活には 全く困らないはずだし、

贅沢することも可能なはずなのに。

 

再起することだって、いくらでも可能なのに。

 

次から次へと、

疑問は絶えることがないが

 

このストーリーの資産家は、

100億円あった資産のうちの 99億円

つまり、資産の99%を失ったことへの衝撃を 受け止めることができなかったという。

 

 

わたしたち

一体、いくらあったら十分だと感じるのだろうか。

 

100万円? 1000万円?

あるいは、1億円、10億円 ...

 

どこまでも望みがちな「 お金 」、

と、わたしたちが感じる「 幸せ 」の関係を知っておくことは

 

実は、とっても大事なことだったのかもしれない 😉

 

 

 

 

 

 

 

 

お金と幸せ

 

 

 

 

f:id:emmiii8:20170924204051j:image

 

 

“ 大きな変化 ” を促すことになる前に

今、「 お金 」に関する勉強をしています。😌😌

 

 

たしかに、「 お金 」が

蛇口をひねれば、湯水の如く出てくるような状態であれば、

使っても使っても 増え続けて、お札に溺れてしまうような状態であれば、(笑)

 

このことについて 勉強する機会は

無かったはず...。

 

でも ラッキーよね、

このタイミングで知ることができて 😉

 

 

日本人の多くが、勉強することなく

誤解したままで 社会に出て行くと言われる、

“ お金の稼ぎ方と 使い方 ” に関して。

 

学校に通っているだけでは

教えて貰えないようなことだから、わたしも 全く知らないことだらけ。

 

その中から、

面白い情報をピックアップして

いくつか シェアしていきたいと思います 🌛

 

 

 

 

 

 

心づかい

 

 

 

f:id:emmiii8:20170921233944j:image

 

 

うちの乗馬クラブでお世話になっている、

エサ屋さんたちのお話。

 

 

毎週、馬たちのごはんを届けに来てくれるのだけれど

どこの会社の方も、みなさん ほんとうに心優しい 😌♡

 

今日は、小さな小さな「 心づかい 」について。

 

 

 

馬たちが食べるエサを注文すると、

大きなトラックに乗せて 運んできてくださる方たちがいる。

 

そのエサ屋さんたち、

わたしが 何も言っていないのに

 

持ってきた新しいものを 奥に、

まだ残っていた 先週配達されたものを 手前に

移動させて、所定の場所に きれいに積んでくださる。

 

乾草1ブロック ( ビニールテープ?で束にされている状態 ) で、

24キロくらい?の重さだったかな、

 

わざわざ、

残っていた乾草のブロックを

一旦 別の場所に置いて、新しいのを奥に積み上げ、

残っていたものを 手前に移動させるなんて、

 

片手で持てるような

軽くて 小さい荷物ならば まだしも、

両手で抱きかかえるほど 重いし大きいし、

おまけに草は腕に刺さるし、乾草の粉は舞うし、(笑)

 

言葉は悪いかもしれないが、

彼らにとっては “ 手前でしかない ” はず。

 

残っている乾草の上から、

どんどん積み上げていったほうが

明らかに 手間は省けるし、

その分、仕事も早く終わらせられるだろう。

 

そこを わざわざ丁寧に

積み上げ直してくれているわけで、

 

ありがとう、いつも助かっています、

と 言葉をかけないでは いられない。

 

 

これを、エサ屋さんたちは

「 仕事だから 当然だよ 」という頼もしい言葉で返してくれるが、

 

わたしたち「 してもらっている側 」の人間が、

わたしたちは やってもらって当たり前、

相手が それをして当然 ” の考え方でいたら

 

残念ながら、

そこに「 ありがとう 」の言葉は、生まれないだろう。

 

 

ここで大事なのは、

 

たとえ相手が、当たり前 だと思ってやっているようなことでも、

やってもらっているわたしたち

 

まずは、それに「 気づき 」、

そして 言葉で「 伝える 」こと。

 

その時の「 ありがとう 」の言葉の中には、きっと

してくれたことに対しての、「 お礼 」だけでなく

 

あなたが、心づかい でやってくれていること、

わたしはちゃんと「 見ているよ、気がついているよ 」、

という意味も 含まれていると思う。😌😌

 

 

 

もちろん 相手側は

自分がしていることは当たり前のこと として仕事をしているから、

 

ほんとうに さり気なく、

わたしたちが 気づかないほど自然に 物事を進めてくれている。

 

だから

わたしたち、してもらっている側の人間は、

 

その “ 小さくて 細かい 変化 ” にも気づけるように、

もっと言うなれば、 してくれている人の

“ さり気ない 心づかい ” にも気づけるように、

 

「 鋭い洞察力 」と、「 優れた観察力 」が必要とされていると思う。

 

何よりも、

「 気づくこと 」ができなかったら

お礼 を言えるチャンスすら、逃してしまうしね 😉

 

 

今では、

乾草を積み上げる高さ まで気づかってくれたり

( わたしがチビなのと、

乾草アレルギーで、粉が舞うと 全身ブツブツで腫れ上がるので 😅笑 )

 

持ち上げるのに重たいからと

横に寝かせて置いていた物を、立てて置いてくれたり...

 

気づかいの無限ループって、

こんなにも素晴らしい 😊😊

 

 

 

たくさんの気づかいをしてくださる エサ屋さん、

 

そして、

小さな変化にも気づけるようにと

小さい頃から、洞察力だの 観察力だの言って 育ててくれた お母さん、

 

ありがとう 😚

 

 

 

 

 

 

幸せリスト

 

 

 

 

f:id:emmiii8:20170920234048j:image

 

 

自分自身を置いている環境を、

大きく変化させようとするとき。

 

極端に言えば、

何かを新たに始めるとき、今やっていることを辞めるとき。

 

 

問題として起こりやすいのが、

 

○○○するには「 お金 」が足りないよな...

△△△するには「 時間 」が足りないよな...

 

な、問題たち。

 

 

特に お金の問題なんて、

悩み始めたら、ほんとうに どこまでも長く続く

暗〜いトンネルのように、答えが出なくなってしまうもの。

 

 

よく耳にする1つとして、

「 ○○にお金を費やすから、△△は諦める 」

という考え方?がある。

 

トレードオフな考え方をする場合は、

なかなか しっくりくる考え方だろう。

 

わたしも少し前までは、これを元に

いくつかパターンを考え、それらを見比べ、

今の自分に必要な選択肢を選び出してきた。

 

 

が、

 

いつだったか

スタバで 注文している自分を、客観的に観察していて ハッとしたのだが...

 

今、自分が飲みたい飲み物のサイズは、

自分で決められているじゃん!

 

(笑)

 

 

つまり、

 

『 今の自分に必要な 飲み物の量を

自分で把握できているが故に、

 

それ以上 大きなサイズを、“ 不必要 ” と判断して 注文することはない 』

 

ということ。

 

 

もっと噛み砕いて言うと、

 

“ tallサイズ ” のキャラメルフラペチーノが 飲みたかった わたしは、

Grandeサイズ までは必要ないし、ましてや Ventiサイズ なんて 間違ったって頼まない。

 

むしろ、

必要以上に量が多い = そこまでは “ いらない ”

とまで感じることだろう。

 

これは 今の自分にとって必要な量が

明確だからこそ、出来る判断だと思う。

 

 

ではこれを、

自分のやりたいこと、欲しいもの、等々の

お金に関わることに置き換えてみよう。

 

書き出してみると よく自覚出来るが、

 

わたしたちは いつから、

「 あれもこれも 」になってしまったのだろう。(笑)

 

飲み物に例えると、

今の自分にとって ほんとうに必要な量が分かるのに、

 

どうしてそれを

時間のこと、お金のこと とすると、

 

いつの間にか、必要と分かっている量を越してまでしても

「 あれも足りない、これも足りない 」と口にしてしまうのだろう。

 

 

 

わたしは 何か大きな決断をするとき、

必ず、自分で作った「 幸せリスト 」を見る。

 

そこに リスト化されている事柄たちは、

わたしが必要とし、十分だと感じる量であり

 

と同時に、

幸せを感じることのできる量でもある。

 

 

そりゃ、わたしだって

1ヶ月くらい 長期で休みを取って、

 

モルディブの水上コテージ?で

海の中の魚たち🐠を見ながら

フルーツの盛り合わせを食べて、

 

夕方になれば、

夕日が沈んでいくのを見ながら スパでリラックスしたいですよ。

 

毎週休みの日は

憧れのデザイナーさんの、上品なシルエットのワンピース👗に 身を包み、

JIMMY CHOOの美しいパンプス👠に 足を滑り込ませて、

夜景の最高なスイートに宿泊できたら

 

どんなに 充実感を得られることだろう。

 

 

もし、湯水の如く お金が舞い込んで来る環境であるなら 羨ましい話だが

 

でも実際

自分で 自分の馬を養って カツカツ生活をしているわたしが、

「 幸せリスト 」に書いているTOP3は

 

1、ローツェのオーナーでいる

2、ローツェでトレーニング方法を学べる

3、ローツェで頻繁に競技に出られる

 

とまあ、馬のことだらけ。(笑)

 

ちょっぴり欲張った、2つ目の「 幸せリスト 」も、

結局書いてあることは

 

・馬場のトレーニングとして使えるように、障害も学びたい

・外国の馬に乗りたい

・外馬で競技に出たい

ナチュラルホースマンシップを学びたい

・獣医学等、馬の体のことを学びたい

・海外に競技を見に行きたい

 

と、まだまだ続くが...。

 

こんな感じで、馬のことだらけ。(笑)

 

 

どうやらわたしは、

生活水準を上げることよりも 「 馬に関することを学ぶ 」ことに 大きな魅力を感じているらしい。😂😂