えãŋã‹đŸ‘§đŸģとロãƒŧãƒ„ã‚§đŸ´ãŽã€Œ エミãƒŧãƒ„ã‚§æˆé•ˇæ—Ĩ記 」

å¤Ēé™ŊđŸŒžã‹ã‚‰į”Ÿãžã‚Œã€ãŸãã•ã‚“ぎ愛と ポピã‚ŋãƒĒテã‚Ŗぎ元ãĢ育ãŖた æ¸ŠåŽ¤č‚˛ãĄãŽ23æ­ŗ👧đŸģ。愛éĻŦロãƒŧãƒ„ã‚§đŸ´ã‚’é€ŖれãĻ 単čēĢ、é–ĸčĨŋãĢäŋŽčĄŒã¸ã€‚

小į‰Šã¸ãŽã€æ°—ãĨかい




『 そぎäēēぎ服čŖ…ã‚„ æŒãĄį‰Šã¯ã€åŖãģおãĢãƒĸãƒŽã‚’č¨€ã† 』



こんãĒことを感じたįĩŒé¨“、
čĒ°ã—ã‚‚1åēĻはあるはず。


服čŖ…ã¯ã‚‚ãĄã‚ã‚“ã€
čēĢãĢつけãĻいるã‚ĸクã‚ģã‚ĩãƒĒãƒŧ、
æŒãĄį‰Šã§ã‚ã‚‹ ã‚Ģバãƒŗや そぎ中čēĢ。


これら “ そぎäēēãĢåąžã™ã‚‹ãƒĸノ ” は、

意外と、そぎäēēãĢついãĻ
数多くぎことをčĒžã‚‹ã€‚


1į•Ē分かりやすい䞋としãĻあげられるぎが
やはり、 “ čģŠ ” だろう。


č‰ļ々ãĒéģ’åĄ—ã‚ŠãŽãƒ™ãƒŗツ、

įœŸãŖčĩ¤ãĒ゚ポãƒŧツã‚Ģãƒŧ、

įœŸãŖį™ŊãĒã‚Ēãƒŧプãƒŗã‚Ģãƒŧ

... ãĒおãĒお。


それぞれ、おんãĒé›°å›˛æ°—ã‚’æŒãĄåˆã‚ã›ãŸ 䚗り手ãĒぎかは
比čŧƒįš„、厚易ãĢæƒŗ像できる。


ぞた、

こぞめãĢ洗čģŠã•ã‚ŒãĻいるかおうか や、
中ãĢįŊŽã„ãĻある小į‰Šã‚’čĻ‹ã‚Œã°ã€

ぞすぞす ã‚¤ãƒĄãƒŧジを掴ãŋやすくãĒる。



こんãĒéĸ¨ãĢ
原は、“ č‡Ē分を取りåˇģくãƒĸノ ” は

原際ãĢčŠąã‚’ã—ãĻ
おんãĒč€ƒãˆæ–šãŽæŒãĄä¸ģãĒぎかをįŸĨる前から、

「 感čĻš 」や「 įŸĨ性 」、
ナイプã‚ŋイãƒĢや äē¤å‹é–ĸäŋ‚ ぞでをも

č‡Ēらå…ŦčĄ¨ã—ãĻいるつもりがãĒくãĻも、
į›ŽãŽå‰ãĢいるį›¸æ‰‹ãĢ、ペナペナと喋ãŖãĻしぞãŖãĻいるぎだ。

 

 


あるæœŦでčĒ­ã‚“だ éĸį™Ŋã„čŠąã‚’ã€ã“ã“ã§ã˛ã¨ã¤ã€‚



とあるäŧæĨ­ãŽį¤žé•ˇãŒã€
éĢ˜į´šãƒ›ãƒ†ãƒĢãĢåŽŋæŗŠã™ã‚‹ã¨ããŽã“と。

「 ã“ãĄã‚‰ãĢ ごįŊ˛åã‚’ãŠéĄ˜ã„ã—ãžã™ 」
と、åŽŋæŗŠã‚ĩイãƒŗぎ際ãĢ æ‰‹æ¸Ąã•ã‚ŒãŸãŽãŒ

ã‚ŗãƒŗビニでもåŖ˛ãŖãĻいそうãĒ
プナ゚チックぎボãƒŧãƒĢペãƒŗđŸ–Šã ãŖたぎで、

é€ŖæŗŠã™ã‚‹ã¨ã“ろを 1æŗŠãŽãŋãĢしãĻ、
åˆĨぎホテãƒĢãĢį§ģ動した。

ã¨ã„ã†ãŠčŠąã€‚



こぎį¤žé•ˇã¯ã€

「 éĢ˜į´šãƒ›ãƒ†ãƒĢをčŦŗãŖãĻいãĒがら、


大äē‹ãĒåŽŋæŗŠã‚ĩイãƒŗをさせる際ãĢ
厉į‰ŠãŽãƒœãƒŧãƒĢペãƒŗ ã‚’åˇŽã—å‡ēしãĻもåšŗ気ãĒįĨžįĩŒã§ã‚ã‚‹ãĒらば、

æģžåœ¨ä¸­ãŽã‚ĩãƒŧビ゚ぎ品čŗĒも 期垅できãĒい 」

ã¨č¨€ãŖたという。



つぞり ボãƒŧãƒĢペãƒŗたãŖた1æœŦから、

äģ•äē‹ã¸ãŽå§ŋå‹ĸã‚„ã€éĄ§åŽĸã¸ãŽč€ƒãˆæ–šã€é…æ…Žã€
“ おもãĻãĒしåēĻ ” をも čĻ‹æŠœã„たというわけだ。


ã‚ãŸã—ãŸãĄãĢč¨€ã‚ã›ã‚Œã°
たかがボãƒŧãƒĢペãƒŗ1æœŦ かもしれãĒいが、

æŒãĄį‰Šã¸ãŽã“だわりがåŧˇãã€

そぎ ãƒĸノ ぎ、čŗĒやテイ゚トぞでをも気ãĢするäēēは、
厉į‰ŠãƒœãƒŧãƒĢペãƒŗ ãĢ我æ…ĸしãĒい。


そういうäēēãŸãĄã¯ã€

åĨ‘į´„時ãĢ 饧åŽĸãĢåˇŽã—å‡ēすį­†č¨˜å…ˇã¯
åŋ…ず “ ãƒĸãƒŗブナãƒŗ ” だãŖたりするという。


饧åŽĸぎ、äŋĄé ŧ感や æē€čļŗ感を垗るためãĢ、
ã‚ĩイãƒŗする 万嚴į­†ãŽã“ã¨ãžã§č€ƒãˆã‚‹ãŽã ã€‚


ここãĢ、小į‰Šã¸ãŽæ°—éŖいがあり、

įĩæžœįš„ãĢ、それが å‘¨å›˛ãĢ寞しãĻ
おんãĒ気éŖいがあるぎかおうか ãĢぞで

įš‹ãŒãŖãĻいくぎだと感じた。



そういえば、

わたしぎįˆļčĻĒも
母から送られた “ ãƒĸãƒŗブナãƒŗ ” を
晎æŽĩから愛į”¨ã—ãĻいるし、


10嚴くらい前īŧŸã€
äŊ•ã§ã‚‚ãĒいæ—ĨãĢįĒį„ļ、「 æ—Ĩ頃ぎ感čŦ 」で
įˆļが 母ãĢ送ãŖたプãƒŦã‚ŧãƒŗトãĢは、


æ–‡å…ˇį•ŒãŽé›„ ともå‘ŧばれãĻいる
“ パãƒŧã‚Ģãƒŧ ” を選んでいた。


ツイ゚ト斚åŧã§ čŠ¯ãŒå‡ēされるã‚ŋイプで、

母ぎå„Ēã—ã•ã‚’čĄ¨ã™ã‚ˆã†ãĒ、
įžŽã—いピãƒŗクゴãƒŧãƒĢãƒ‰ãŽč‰˛ãŒ å°čąĄįš„だãŖた。


įˆļと母、おäē’いが、
おäē’ã„ãŽã“ã¨ã‚’č€ƒãˆãĒがら 送りあãŖたãƒĸノ。

そこãĢは、娘ぎわたしでさえ分からãĒい
「 気éŖい 」があり、

č¨€č‘‰ã§ã¯čĄ¨ã™ã“ã¨ãŽã§ããĒã„ãƒĄãƒƒã‚ģãƒŧジが
åĢぞれãĻいるんだと思う。