えãŋã‹đŸ‘§đŸģとロãƒŧãƒ„ã‚§đŸ´ãŽã€Œ エミãƒŧãƒ„ã‚§æˆé•ˇæ—Ĩ記 」

å¤Ēé™ŊđŸŒžã‹ã‚‰į”Ÿãžã‚Œã€ãŸãã•ã‚“ぎ愛と ポピã‚ŋãƒĒテã‚Ŗぎ元ãĢ育ãŖた æ¸ŠåŽ¤č‚˛ãĄãŽ23æ­ŗ👧đŸģ。愛éĻŦロãƒŧãƒ„ã‚§đŸ´ã‚’é€ŖれãĻ 単čēĢ、é–ĸčĨŋãĢäŋŽčĄŒã¸ã€‚

äēē間とは、äŊ•ã‹

 

 

 

č‡Ēらぎ受けたイãƒŗ゚ピãƒŦãƒŧã‚ˇãƒ§ãƒŗを、

“ 言葉 ” をį”¨ã„ãĻ “ 襨įž ” すること こそãĢ

čļŖがあると感じãĻいる、äģŠæ—Ĩ。

 

そぎきãŖã‹ã‘ã¨ã‚‚č¨€ãˆã‚‹ã€

興å‘ŗæˇąã„čŗ‡æ–™ã‚’ į™ē掘した。

( 隠しãĻいたわけではãĒいが... įŦ‘ )

 

そぎ たくさんぎčŗ‡æ–™ãŽä¸­ãĢ

とりわけ、わたしãĢ寞しãĻ åŧˇãä¸ģåŧĩしãĻくる 1ã¤ãŽãƒ•ã‚Ąã‚¤ãƒĢがあãŖた。

 

『 äēē間とは、äŊ•ã‹ 』

 

ã¨éĄŒã—ãĻあり、

「 夜と霧 」というæœŦとともãĢあãŖた。

 

こぎæœŦは、

įŦŦäēŒæŦĄä¸–į•Œå¤§æˆĻ中ãĢ ナチ゚ãĢ囚われた åŋƒį†å­Ļč€…ã€ãƒ´ã‚ŖクトãƒŧãƒĢãƒģEãƒģフナãƒŗクãƒĢãĢよる

 

į”ŸčēĢぎäŊ“é¨“č€…ãŽįĢ‹å ´ã§ã€Œ 内側からčĻ‹ãŸ 」åŧˇåˆļ収厚所、

įŸĨられざる åŽåŽšč€…ãŽå—é›Ŗ をčĒžãŖたもぎだ。

 

 åŧˇåˆļ収厚所でぎ地į„įĩĩå›ŗは、これぞで 描写されることが多かãŖたが、

こぎæœŦは、おãŗただしい小さãĒč‹Ļしãŋを描写し

 

収厚所でぎæ—Ĩ常が、ごく晎通ぎčĸĢåŽåŽšč€…ãŽé­‚ãĢ

おぎようãĢ映ãŖたかを問うãĻいる。

 

 

äģĨ下は、

わたしが 13æ­ŗ 中å­Ļ1åš´į”ŸãŽã¨ããĢ

夏äŧ‘ãŋぎåŽŋéĄŒã§æ›¸ã„ãŸ čĒ­æ›¸æ„Ÿæƒŗ文ぎ一部だ。

 

č¨€č‘‰ãŽé¸ãŗæ–šãĢ、ぞだ可愛らしさはあるが、

 

あれから 10嚴という月æ—ĨをįĩŒãĻも ぞだ、

色č¤ĒせることãĒく わたしぎåŋƒãĢéŸŋく“ äŊ•ã‹ ” が

そこãĢは存在しãĻいた。

 

 

 

 

「 夜と霧 」をčĒ­ã‚“で。

 

 

įŦŦäēŒæŦĄä¸–į•Œå¤§æˆĻ中

ナチ゚ãĢ囚われ、ã‚ĸã‚Ļã‚ˇãƒĨビッツぎåŧˇåˆļ収厚所ãĢ送られ

ã‚Ŧ゚厤でæŽēされる恐怖をįĩļえずå‘ŗわいãĒがらも、įĩ‚æˆĻをčŋŽãˆã‚‹ã“とぎできたäēēãĢ、

 

į˛žįĨžį§‘åŒģぎ ヴã‚ŖクトãƒŧãƒĢãƒģEãƒģフナãƒŗクãƒĢがいた。

 

これは、

åŧˇåˆļ収厚所でぎ 過酷ãĒ労働、į†ä¸å°ŊãĒč™åž…ã‚„æš´åŠ›ã€éŖĸえãĒおãĢ č€ãˆãŸäēē々ぎč‹Ļしãŋを、

į˛žįĨžį§‘åŒģぎį›Žã§ 描写したäŊ“é¨“č¨˜ã ã€‚

 

( 中į•Ĩ )

 

文中、フナãƒŗクãƒĢは

「 äēē間とは、常ãĢ äŊ•ã‹ をæąē厚する存在だ 」
と書いãĻいる。

そぎ「 äŊ•ã‹ 」とは、
様々ãĒįŠļæŗãĢおける「 æ°—æŒãĄãŽæŒãĄã‚ˆã† 」ではãĒいかと思ãŖた。

č‹Ļしãŋぎ中でも「 希望 」はčĻ‹å‡ēせるし、
č‹ĻしãŋãĢでも「 意å‘ŗ 」を持たせることができるぎだから。


æ°—æŒãĄãŽæŒãĄæ–šã¯ã€å„č‡Ē 思いぎぞぞだ。

äŊ•ã‹ã‚’するとき、

æ°—æŒãĄã‚ˆãįŦ‘éĄ”ã§ã™ã‚‹ã€Œ č‡Ēį”ą 」もあれば、
不åšŗ不æē€ãŽåŋƒã§ã™ã‚‹ã€Œ č‡Ēį”ą 」もある。

全ãĻは、į§ãŸãĄãŽé¸æŠžč‡Ēį”ąã¨ã„うことãĢãĒる。


「 äēē間 」は äēē間である限り、
åŋ…ずäŊ•ã‹ãŽæĄäģļãĢį¸›ã‚‰ã‚ŒãĻいる。

ã‚‚ãĄã‚ã‚“ã€ãŠã†ã™ã‚‹ã“ã¨ã‚‚å‡ēæĨãĒいäē‹ã¯ã‚る。

しかし
それでも明るく前向きãĢį”Ÿãã‚‹äēēもいれば、
æ‚Šãŋč‹ĻしãŋãĒがらį”Ÿãã‚‹äēēもいる。

 

「 äēē間 」ãĢだけ与えられた感情ãĢ、

「 įŦ‘う 」というもぎがある。

 

明るく前向きãĢį”Ÿãã‚‹ãŸã‚ãŽįŦŦ一歊は、

「 įŦ‘饔 」だと思う。

 

わたしぎ名前は「 ○○ 」、

「 įŦ‘ãŋ 」ãĢは「 ãģころãļ 」、つぞり「 å’˛ã 」という意å‘ŗがある。

 

čŠąã¯įŊŽã‹ã‚ŒãŸå ´æ‰€ãĢé–ĸäŋ‚ãĒく、

ãŸã ã˛ãŸã™ã‚‰ãĢå’˛ãã€‚

 

わたしも 我æ…ĸしãĒければãĒらãĒいįŠļæŗãĢおかれãĻも、

不åšŗ不æē€ã‚’č¨€ã‚ãšã€čŠąãŽã‚ˆã†ãĢ ãŸã ã˛ãŸã™ã‚‰ãĢå’˛ã„ãĻいたい。

「 įŦ‘饔 」でいたい。

 


æ°—æŒãĄãŽæŒãĄã‚ˆã†ã¯č‡Ēį”ąã ã€‚

そぎ「 č‡Ēį”ą 」ぎäŊŋい斚が、
「 į§ 」をäŊœãŖãĻいくぎだ。

わたしは å­Ļんだ。

「 äēē間 」とは、åŧąã„けれおも
č‡Ē分ぎå§ŋを įĩļえずæąē厚しãĻいく存在ãĒぎだと。