だって 笑夏 ( えみか ) だもん!😉

太陽🌞から生まれ、 たくさんの 気遣い 心遣い と、おもてなしの心 の元に育ちました。

脳みそ改革

 

 

 

 

 

 f:id:emmiii8:20170919175636j:image

 

 

 

 

 

「 現象には、必ず理由が存在する 」

 

かの有名な 『 ガリレオ 』で

福山雅治 演じる、物理学者 湯川先生の名言。

 

 

わたしが、ずっと前から

習慣付けていることがある。

 

「 自分に降りかかった現象に、

片っぱしから “ 意味付け ” をする 」こと。

 

 

それを 習慣付けるべく、意識し始めたのは

中学生の頃だろうか?

 

大人数をまとめる 部長という立場が、

想像以上に 重くのしかかってきていたとき。

 

練習試合、大会で、練習量に比例すると思っていた結果が 思うように出ず、

メンタルが ズタズタだったとき。

 

受験で、勉強しても勉強しても

模試での 第一志望校の合格判定が、最後の最後まで E判定だったとき。

 

 

 

湯川先生の言う通り

わたしたちを取り巻く ありとあらゆる「 現象 」には、必ず「 理由 」がある。

 

 

お気に入りのお花の 花びらが

落ちてしまったのも、

 

素敵だなと思っていた洋服を買いに

お店に行ったものの、すでに無くなっているのも、

 

単純だけど、

お菓子の袋が どう頑張ったって開かないのも、(笑)

 

 

ここで気づきたいのは、

 

それが起こった「 理由 」はあっても、

「 意味 」なんてものは、どこにも “ 存在しない ” ということ。

 

なぜなら、その現象に対しての「 意味付け 」をするのは

わたしたち自身 ” であるから。

 

 

大切にしていた物を無くしたら、

 

「 あ、神さまが

そろそろ 新しい子と出会いなさい って言ってる〜 」

って思えばいい。

 

いつも 車でお迎えに来てもらっていたものを、

自分で 重い荷物を持って バス移動しなくてはならなくなったら、

 

「 朝の 気持ちのいい風を感じながら、

スタバ片手に 本を読む時間が 確保できた〜 ラッキー♪ 」

って思えばいい。

 

 

一見、

マイナス要素にしか感じることができない事柄たち、

 

たしかに、わたしたちに 降りかかってくることの「 理由 」はある。

 

が、その「 意味 」はない。

 

わたしたち

目の前に存在する事柄に「 意味 」を付けることで、

 

言い方を変えるならば

わたしたちが勝手に、ラッキー要素として捉えることで

 

例え、マイナス要素の事柄であったとしても

わたしたちにとって 価値あるものになることだろう。

 

 

何事にも、ラッキー♪ と思える

脳みそ作りを😉