えãŋã‹đŸ‘§đŸģとロãƒŧãƒ„ã‚§đŸ´ãŽã€Œ エミãƒŧãƒ„ã‚§æˆé•ˇæ—Ĩ記 」

å¤Ēé™ŊđŸŒžã‹ã‚‰į”Ÿãžã‚Œã€ãŸãã•ã‚“ぎ愛と ポピã‚ŋãƒĒテã‚Ŗぎ元ãĢ育ãŖた æ¸ŠåŽ¤č‚˛ãĄãŽ23æ­ŗ👧đŸģ。愛éĻŦロãƒŧãƒ„ã‚§đŸ´ã‚’é€ŖれãĻ 単čēĢ、é–ĸčĨŋãĢäŋŽčĄŒã¸ã€‚

ã˛ã¨č¨€

 

 

 

f:id:emmiii8:20171001183526j:image

 

 

é›ģčģŠãŽä¸­ã§ãŽã€ã‚たたかい ãŠčŠąã€‚

 

 

å„Ē先席ãĢåē§ãŖãĻいた、お嚴寄りぎごå¤ĢåŠĻ。

 

æˇˇãŋ合ãŖãĻいたé›ģčģŠãŽä¸­ã§ã€

2äēēがéšŖãĢåē§ã‚‹ãŸã‚ãŽ 十分ãĒ゚ペãƒŧ゚が

きãŖと įŠēいãĻいãĒかãŖたぎだろう。

 

ãĩたりåˆĨ々ãĢ、

é€ščˇ¯ã‚’æŒŸã‚“ã§ 向かい側ぎå„Ē先席ãĢåē§ãŖãĻいた。

 

ãĩたりが ãĄã‚‡ãŖとしたäŧščŠąã‚’したとき、

それãĢ気がついたåĨŗ性が すかさず、

 

「 よかãŖãŸã‚‰ã€ã“ãĄã‚‰å´ãĢãŠã†ãžđŸ˜Š 」

ã¨ã€ã˛ã¨č¨€ã€‚

 

įĩæžœã€å¸­ã‚’å…Ĩれæ›ŋわり

ãĩたり揃ãŖãĻåē§ã‚‹ã“とができた ごå¤ĢåŠĻ。

 

į›Žå°ģãĢしわを寄せãĻ、

å„ĒしいįŦ‘éĄ”ã§ã€Œ ありがとう 」とčŋ”しãĻいた。

 

 

 

ãĒんãĻ、あたたかいįŠē間だろう。

 

å„Ē先席čŋ‘くぎドã‚ĸãĢįĢ‹ãŖãĻいたわたしも、

思わず åŖč§’ãŒä¸ŠãŒãŖãĻしぞうようãĒ

å‡ēæĨäē‹ã§ã—た 😌😌

 

 

åĨŗæ€§ãŽã€ããŽã˛ã¨č¨€ãŒį”Ÿãŋå‡ēした

あたたかいįŠē間。

 

é›ģčģŠãŽä¸­ãŽãŋãĒらず、

 

たãŖãŸã˛ã¨č¨€ã€åŖ°ã‚’かけるだけãĒぎãĢ

čēŠčē‡ã—ãĻしぞい įĩåą€ããŽãžãž...

 

ãĒんãĻįĩŒé¨“、čĒ°ã—も一åēĻは あるはず。

 

「 おうぞ 」「 ありがとう 」「 劊かãŖたよ 」

「 おかげさぞで 」「 ごめんね 」

 

きãŖã¨ã€ã‚ãŸã—ãŸãĄãŽåŋƒãŽä¸­ãĢ

“ 内ãĒã‚‹č¨€č‘‰ ” としãĻは、æĩŽã‹ãŗ上がãŖãĻきãĻいる これらぎ「 ã˛ã¨č¨€ 」。

 

それを、原際ãĢč¨€č‘‰ã¨ã—ãĻ

åŖãĢå‡ēæĨるか、å‡ēæĨãĒいか。

 

č¨€ã‚ãĒいãĒんãĻもãŖたいãĒいよね。

 

だãŖãĻ ã‚ãŸã—ãŸãĄãŽåŋƒã¯

「 į´ į›´ãĒ言葉 」としãĻã€ãĄã‚ƒã‚“ã¨į™ēしãĻいるんだから。

 

もãŖともãŖと

そぎ「 ã˛ã¨č¨€ 」で、あたたかいįŠē間が たくさんåĸ—えたらいいよãĒ〜 😊